【私立文系受験】選択科目は数学か社会か?

 

記事の内容

 前回は社会の選択科目を何にするべきかということを解説しました。

 

私立文系の一般入試で、よくある形態として『国語』『英語』『社会or数学』の三科目で実施されるパターンです。

 

早稲田の一部の学部MARCHと関関同立のほぼすべての学部がこの方式で一般入試を実施しています。(法政は「英語」「国語or数学」も多い)

 

今回は「社会or数学」を受ける時、どちらを選択するべきなのか悩んでいる私立文系を受ける予定の受験生に向けて、簡潔に解説していきます。

 

前回の記事

おすすめの高校の社会選択科目!

 

 

 

結論から言うと、

国公立が第一志望の人は「数学

私立が第一志望の場合は「社会

で間違いないです。

 

国立が第一志望の場合

画像引用元

この場合は、私立を滑り止めや第二志望として受ける場合です。

その時は、ほとんどの人が、一次試験でも二次試験でも数学を使うことになります。

先に言っておくと、私立文系の数学はMARCH、関関同立なら国立大学の方がレベルが高いです。(近年の同志社数学は、やや難ですが)

なので国立数学の対策をきちんとしていれば、私立の数学で大きく点数を落とすことはないと思われます。

そしてさらに、社会の各科目と数学の間で得点調整というものが上記のすべての大学で行われます。なので、数学は社会より平均が低いので素点に加点がされます。

 

得点調整とは何かというと、選択科目間で難しかった(平均点が低かった)科目を選んだ人への加点や、簡単な科目(平均点が高かった)科目を選んだ人への原点のことです。

大学によってその方法は定められており、公表している大学もあれば非公表の大学もあります。

 

同志社大学に関しては、こちらの記事で詳しく書いたのでよかったらみてください。

【同志社大学】【得点調整は〇〇点】知らないと落ちる話

 

まとめると、数学は難易度が国立に比べて易しめな上に、得点調整で加点がされるから、国立第一志望の人は数学の一択

 

私立が第一志望の場合

「早稲田大学」の画像検索結果

画像引用元

 

私立が第一志望の人は社会で受けることを勧めます。

国立志望の人は社会も数学も勉強しなくてはいけませんが、私立志望の人は数学を捨てるという選択ができます。

数1A2Bを受験で使いつもりで勉強するととてつもない時間がかかりますが、それを切り捨てると莫大な時間を他に使うことができます。

その時間を社会に使いましょう。

 

前回の記事でもいいましたが、社会は安定しやすい科目なので、しっかりと勉強していれば本番でも練習通り点数を取れることが多いです。

ただ注意しておくのは、先ほど国立志望のところで述べたのとは逆に、得点調整で素点から点数が引かれることもあるので注意してください。

(ちなみに同志社だと満点と0点は得点調整を行わないという制度でしたよ)

 

ただ、私立第一志望の方でも社会が嫌いだったり数学が得意という場合は、社会を捨てて数学で受けるのもありだと思います。

 

 

 

結局

 

国立第一志望は数学

私立第一志望は社会

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

« »