【Angel Beats】夏休みに中高生が見るべきアニメ1選

みつけてくれてありがとう

あまり自分はアニメを観ることがないのですが、どうしてもオススメしたいアニメがあります。

まず、単純にストーリーがおもしろく、結末に自分なりの解釈が人それぞれできます。

それ加えてすこし暗いかもしれませんが、「生きるってなんだろう」って考えさせられるアニメです。

 

中高生って大人と子供の境目で、いろいろな感情とか出来事がごちゃ混ぜになって、気づいたら過ぎ去ってしまっている期間な気がするんですよね。

そんな時に一度立ち止まって自分について考えさせてくれたのが『Angel Beats』というアニメです。

 

AmasonPrimeVideoでも全話見ることもできますし、まぁ『AngelBeats 動画』と検索したらでてきます。

 

 

 

登場人物・ストーリー

この物語は、主人公の男子高校生、音無 結弦(おとなし ゆずる)が校庭で目を覚ます場面から始まります。彼には記憶がありません。

「音無 angel beats」の画像検索結果

引用元:電通オンライン

そこで出会うのは、銃を構えた女子高生、ユリッペ こと 仲村ゆり

『Angel Beats!』

引用元:電通オンライン

ここで音無はそこの世界は死後の世界、そして、「この世界で生き残る条件は、天使と戦うことで、それをしなければ消えてしまう」とユリをリーダーとする戦線メンバーから教えられます。

 

天使↓↓

『Angel Beats!』

引用元:電通オンライン

音無は戦線に参加しこの世界での人生をスタートさせます。

戦線メンバーは皆、現世で悔いを残してそこの世界にやってきた人たちです。

現世の不幸な運命に抗う感情それこそがこの物語のテーマです。

 

あまり言いすぎるとネタバレになってしまうので、とりあえず1話を見てみてください! 中盤からがとても面白いのですが、好き嫌いは1話で分かれるとおもいます。

だから、面白くなさそうと思ったら1話でやめてもいいと思います。でも面白いかもと思ったら最後までみることを強く勧めますよ。

 

以下は最終回の自分なりの考察です。普通の解釈とはすこし違った角度からも見れるのでは?といった自分勝手な見方なのでNoクレームでお願いします^^;

でもそれが面白いところ!

 

 

最終回を観る前は開かないでくださいね。

 

 

最終回の考察

一般的な解釈だと、

その世界のプログラムを作りだした人間がいた。

しかしその人は愛が芽生えたが消えることができなかった。そして相手を待ち続けることができずに、愛が芽生えるとその人間をNPC化するプログラムを作り、自らをNPC化した。

と言ったところです。

 

しかし私は思いました。音無がその人物(Angel Player)なのではないかと。

最終回のストーリー、そしてエンディングでも音無が成仏するシーンはありませんでした。

そもそも音無は現世に未練はないのにその世界に来てしまった人なので、強いてゆうなら奏を成仏させるためにやってきた人間です。

にも関わらず、奏に対して「消えないでくれ」という感情を抱いてしまっている。この時点で音無が成仏するという余地は無くなってしまっているのではないでしょうか。

となると、音無は自らをNPC化して、愛を感じるとそれが解除されるシステムを作り出した。

そして、Angel Beatsは初回に戻る。

という解釈もできるのではないでしょうか?!

 

 

ごめんなさい。かなり大胆な考察ですか共感してくれたり、おもしろいなと思っていただける方がいたら嬉しいです(><)

 

アイキャッチ画像引用元:https://www.amazon.co.jp/Angel-Beats-7-【完全生産限定版】-Blu-ray/dp/B003TR1RE4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

« »