【経験談】仮面浪人を考える人へ

この記事は仮面浪人を経験した立場から、それを考えている人へ向けて自分なりの意見を言わせてもらいます。

結論からいうと仮面浪人はしない方がいいです。

その理由代替案について記事にします。

なぜ仮面浪人をするのか

合格発表のイラスト「不合格になった学生」合格発表のイラスト「合格して喜ぶ学生」

まず私の意見としては仮面浪人はしようと思ってするものではないという事です。一度大学に入ったけど、やはり納得がいかなかったりやりたいことが変わった人がすることであって、仮面浪人をするために大学へ通う意味は0です。

仮面浪人を推奨する人の意見はこうです。

本命に落ちても現役で受かった大学に行ける

しかしこんなのメリットでもなんでもないです。

ちゃんとした受験勉強をしながら充実した大学生活を送ることなんてできません。 そんな甘くないです。

本命大学に受からなかった時に待っているのは悲惨な残りの大学生活です。。

仮面浪人した人の行く末

単位を落とす学生のイラスト(男性)

仮面浪人をした人の結果はほとんどが以下の2通りです。

  1. 単位をほとんど取らず、本命大学に合格
  2. 単位をきちんと取って、本命大学に不合格

じゃあ単位をきちんと取って本命大学に受かる人はいないのかというと、、、

ほとんどいないですね。

バイトとかもして、単位も取って、大学生活がある程度充実してる人は、受験勉強に使える時間モチベーションも少ないからです。

結局、大学の単位が取れていない(取っていない)焦りのある人しか合格しないんです。

まぁ、受験勉強もせず、大学もきちんと行かず、不合格だったという最悪の可能性もあります。。


仮面浪人のおすすめの代替案

  • 入学した大学で1年間休学してその期間浪人する。
  • 普通に大学生活を送りながら、本命大学よりも入りやすい大学を目指す。

休学

大学には休学という制度があって、授業料を払わずに授業を受けず、その大学に在学することができます。もちろん大学受験をすることもできます。

メリット

  • 浪人生でありながら学生という身分が保障されている
  • 来年度の滑り止めが確保されている

デメリット

  • 入学・休学にかかる費用が必要

休学にお金がかかる大学もあるので気をつけてください。大学によって様々なので事前に調べておきましょう。ちなみに同志社は半年6万円でした。

志望校のランクを下げる

現役で受からなかった大学を、充実した大学生活をくりながら合格することは難しいのは先ほど述べた通りなのです。しかし、現役でも受かってたかもしれない、くらいのレベルの大学を受験しようとするなら仮面浪人もありかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

«